「失礼ですが、ひょっとしてげばん亭をお探しですか?」
「それならちょうど良かった、私もげばん亭へ行くところです。ご一緒にいかがですが」
いつもの門を曲がると小石が転がるしゃれた空き地に足を踏みれる、小粋な水溜まりを避けながら奥へ進み冷たい枠のドアを開ける。
周りの風景にとけ込み決して目立ちはしないがその扉を開けたとたんアジアンジャパニーズな怪しげな部屋に吸い込まれる。
「いっらしゃいませ」 
「・・・いつもの」
「かしこまりました」
ここは食い道楽なるなる家が勝手に楽しむイタリ←アン食堂「げばん亭」
おや、奥のカウンターもどきでは今日も怪しい会話が飛び交っているようですね・・・・
・・・・・それではちょっと聞き耳を立ててみましょうか。


学生時代にイタリアンレストランでウェイターのバイトをしていたなるさん。「お運び」よりも厨房の中にやたら興味を示したのは当然のこと!それを面白がった一人のシェフは休憩時間などに色んな事を教えてくれた。その時の中途半端な知識を総動員して作られるイタリア料理もどきの数々・・・・・・「←アン」はいわば否定形の1つでしょうか、それではイタリア風国籍不明料理をどうぞご賞味ください。
本日のおすすめ料理
 ようこそおいでくださいました。メニューをクリックしていただくとご希望の席へご案内いたします
カルボナーラ手間暇風 
ベーグル&フォカッチャ by 裏なるせパン TRAIN RASTA
残り物サラダの冷製パスタ
骨付きモモ肉のほとけさま風
シェフの物好き風手打ちパスタ
手打ちピッツァ憂さ晴らし風(マルゲリータ&ベーコン)
100円均一風トマトソース
なまくらスモークサーモンの手抜きクリームソースパスタ