いくらなるなる家がワールドエッセンスな料理好きといえども所詮は日本人、そんなにしょっちゅうワールドナイズされた料理は作っていません!「なるなる家の日常」はそんな誤解を与えないために日頃よく食卓に上るごくフツーの料理にスポットを当ててみた。

 キンメの煮付け

なるなる家の大好きな魚の1つキンメダイ。
 冬のキンメの脂ののったところを下品なまでにしょうゆを利かせて少々甘めのつゆでじっくりと炊く。とろりとしたなかにもプリプリほこほこした身はご飯のおかずに酒のつまみに持ってこいである。
 最近は輸入物が安価で出回っているがやはり近海物にはかなわない。特に駿河湾産のキンメは非常においしい。
 ちなみに写真は生協の冷凍輸入物のキンメダイ・・・・・・ちょっと悲しい。

ひじきの煮物

 ひじきはなるなる家の常備乾物、独特の磯の香りといい栄養素といい調理法の懐の広さといいとても重宝する一品である。
 ひじきの中でも芽ひじきを特に愛用するのだが、この日は何の変哲もない炒め煮にした。そのままおかずとして楽しむにはたっぷりの鰹節を混ぜ込んで香りと味を出し、できるだけ薄味に仕上げる。にんじんとサヤエンドウは歯ごたえを残すように余熱だけで軽く火が通るように最後に入れる。

大根切り干しの煮物

 幼い頃の思い出に冬になると大根切り干しが農家の庭先に干されていた光景がある。小さい頃からよく食卓に上っていたので日向の香りと土臭さの混ざった独特の香りと大根切り干しの間からのぞくダシの煮干しの顔はは今でもはっきりと脳裏に残る。
 ひじきと並ぶ乾物常備品の女王はこの大根切り干しがあげられる、この日は昆布とツナ缶で煮込んでみた。冷えてもおいしい一品である。

なすのオイスターソース炒め

 なすは不思議な野菜だ。大した栄養もないしそんなに存在感があるわけでもない。しかし、昔からみんなに愛されてきた。なるなる家も例外に漏れずなす好きである。いろいろな料理法があるがこの先機会があるごとに紹介したい。
 本日は鳥モモと一緒にオイスターソースで絡ませた。すこし老酒を入れて香りを出すと食欲をそそる。いつもなら豆板醤でオトナの味に仕上げるのだが、みゆちゃんも食べるので辛いのは抜き!

根菜とこんにゃくのうま煮

 冬は大根がおいしい、下品に鉈切りにして鶏肉と煮る。この日は同じく冬の味覚レンコンと手でちぎった生いもこんにゃく、小坂産の肉厚で濃厚な味の椎茸とじっくり煮込んだ。
 大根は米のとぎ汁で下ゆですると余分な雑味がとれて甘みが引き出され、味シミも良くなる。こんにゃくは臭みが抜くためきちんと下ごしらえする。
 にんじんも入れたいのだが流行の低インシュリンダイエットを考えるとGI値の高いにんじんは少し・・・・・

レンコンの炒め煮

 レンコンのきんぴらもいいがこの炒め煮はもっと好きだ。1センチくらいの厚みに切ったレンコンを適当に手で砕く。レンコンはこれくらいの厚みがちょうど良い、薄いときんぴらになってしまうし厚いと歯ごたえに濁点ができる。挽肉を炒め、脂がにじんできたらレンコンの歯ごたえが最適になるように注意して炒め甘辛く仕上げる。少々下品な味付けの方がおいしい。この日は肉厚でジューシーな小坂産椎茸入り。

なるさん流肉じゃが

 なるなる家の肉じゃがは二種類ある。これは保温調理でじっくり味をしみこませた「なるさん流」。もう一つはいつか紹介するだろう「なる母流」どちらもそれぞれの味わいがあるのでどっちがいいとは言い難い。
 なるなる家は伝統的に「鶏もも肉」をつかう、薄味でじっくり味をしみこませるこの調理法にすると牛肉はジャガイモとの相性があまり良くない気がする。・・・・値段的にもやっぱ鶏肉だね。ちなみにダシは鶏ガラスープを使っている。