SAIBAIS profile


懐かしいとてもレアなツアー時代の写真をスライドにしました。始めた頃はデジカメもケータイもない時代です。
アルバムを発掘して、残っていた紙の写真をスキャンしました。もう写真の中になくなっている方の多いこと・・・(T_T)
89年高山のウッドフォーラムから始まり、大山、雲仙、唐津、青森、長野、名古屋、大阪、神戸、東京・・・
と書き切れないくらいの色々な場所へ行かせていただきました。まだまだ物語は続くけどね。

メンバー紹介 
 KATSUKO  ボーカル、ギター、ハープ担当。一応シンガーソングライター。しかしあるときはドラマー・パーカッショニストとして他のバンドや吹奏楽団などに現れます。実はかつて80年代にすでに今で言うDTM(midi楽器をシーケンサーで自動演奏させる音楽)でオリジナル楽曲のカセットテープを発売していたオタクでもあります。現在はアコースティック楽器にお金がかかり、シンセも壊れ、暇もないためDTMはやっていません。
 NARU-SAN  ベース、コーラス担当。しかしやはりあるときはほかのバンドでもベースや鳴り物を演奏していたりします。歌ものに絡めた独特のベースアレンジには定評があります。音オタクで、たまにどこかのライブではミキサーをいじっていたりします。得意の多国籍料理は半端なく、別ジャンルの人にもやや知られていたりします。

 SAIBAISは、飛騨高山出身の中学生の頃から歌作りに目覚め、ソロ活動していたかつこが89年に結成したバンドです。
1989.1 かつこソロテープ「夜」の完成。
1989.3 かつこソロテープ「うらみのやさい」が完成。
1989.4 ベースなるさん、ペダルスチールせんちゃんメンバーとして参加。
1989.5 忘れもしない20日、SAIBAISとして地元で開かれた野外コンサート「みどりといのちのまつり」に出演。激しくバランスの悪いサウンドで、気合いだけは人並み以上、恐れも知らずに次々とやみくもに活動を始めるきっかけとなる。・・・みごとなまでのB型集団で、せんちゃん以外ほぼ初心者と言っても過言ではない。
1989.6 富山「カリオカママ」へ出演。大谷氏と出会い数々のジョイントのきっかけとなる。
1989.7 吉祥寺「MANDARA」初出演。
1989.8 地元イベントをこなしつつ、鳥取の大山へ行き「いのちのまつり89」に出演。
1989.9 名古屋の「夏の楽園」、荻窪グッドマン、に出演
1989.10 名古屋のWET BACKと古川−小坂巌立公園−名古屋ツアー・・・。
1990.8 大山「いのちのまつり」に出演。
1991.8 青森六ヶ所村「ひょうたんまつり」に出演。
1991.秋 大谷ひろゆき(現在:大谷氏)らとも活動を共にし、大谷バンドの一員としても活動。
その調子で各地への旅をし、多くのバンドマンとも知り合う。
1992.夏 旭町「元気村まつり」に出演。その後も各地の「まつり」や小さな喫茶や本屋やライブハウス、ビアガーデンとライブ活動を続ける。就労しながらも年間30カ所以上をこなし、演奏力より機動力を武器にかなりの勢いで週末をつぶした。
1993.3 マンドリンのたなりん加わる。
1993.5 オリジナルテープ「もっと歩きたい」完成。 その後メンバーの出入りが何度か有り、入る者は拒まずで、新たなメンバーも迎えメンバーの人数不明の状態、やる度に違う顔ぶれで演奏。
1998 ギターの松井はじめ加わる。
1999.秋 ラジオ等のプロモーション用にCDのレコーディング。「reamon」の完成。
2000 かつこの出産をきっかけに3年ほど活動を一時休止。
2003 少しずつ活動再開。かつこのソロからはじまる。ベースなるさん、ギターゴトヲさん、ジャンベ&パーカッションモリちゃん、ドラムスみつくん、吹き物よっしーとメンバーも増えてバンド復活。地元では、親子の為のコンサートやイベント出演など、新たなフィールドでも活躍。
2005 富山の大谷氏と「平和の祈り」をリリース。大谷氏の曲を英語バージョンで歌う。シングルCDはなかなか好評で、各地のアースデーなどでも流される。
2006 メンバーが北アルプス乗鞍で勤務をはじめたのと、地元コミュニティーラジオ局「HIT'S FM」の番組「天空の道・乗鞍」という番組が放送されたのをきっかけに「天空の道」を作詞・作曲。以後エンディングテーマとしても採用。
2007 子育ての傍らでの活動なのでかつてのような遠方へのツアーがなかなか実現出来ない状況ながら、地元での支持を得て多忙な活動を展開。ホームライブの活動も始める。
2008 再び中部・北陸を中心に広くライブ活動。
2009 インドの楽器シタールを取り入れた演奏を模索中。
2010 ボーカルかつこが、ユニット星空のレコーディング
2015 saibais二人での活動が本格化
2020 コロナ渦の中、富山の福田ユウイチCD「さよなら世界」レコーディングに参加。
2021 福田ユウイチ「さよなら世界」発売、福田バンドと共に活動しながらSAIBAISも活動。録音も始める。
2022 コロナが収まらない中地道な演奏活動が続く。
 
これからも応援してくださいね!